第12回 数理モデリング研究会 in 京都:

数理モデリングの哲学
―― 数理モデルは何のためにあるのか ――

日程: 2020年11月21日,22日

開催方法: オンライン配信とします.


【招待講演】 合原一幸,甘利俊一,池上高志,伊庭幸人,蔵本由紀,篠本滋,土屋和雄,西浦廉政

【戦略提案】 石井信,郡宏,寺前順之介,引原隆士,深井朋樹

【特別出演】 塚田稔,設楽宗孝

趣旨: 

数理モデル解析には高度な解析技術が必要とされてきましたが,現代では様々なアプリケーションが開発され,誰もが手軽に利用できるようになりました.このような変化のなかで,理論研究者はどういう方向を目指せば良いのでしょうか.本研究会では,数理モデリング研究の開拓者たちをお呼びして,彼らがこれまで研究を進めた背景の哲学を語っていただきます.また現在最前線で活躍中の研究者もお呼びして,今後の研究戦略について語っていただきます.

開催方法: 

新型コロナウィルスへの対応として,オンライン配信とします.京都会場での講演と議論,オンライン講演を組み合わせてインターネット・ライブ配信する予定です.聴講ご希望の方は下記サイトにて事前登録をお願いします.
https://forms.gle/25J7mu7UF3MPJHEm6
登録締切11月11日.登録者数が配信可能な数に達した場合は締切前に登録を終了します.

組織委員:

坪泰宏(立命館大学),島崎秀昭(北海道大学),小林亮太(東京大学)

共催:

科学研究費助成事業(基盤C)18K11560; (基盤C)19K12165
立命館大学システム視覚科学研究センター
立命館大学R-GIRO視機能再構築に向けたシステム視覚科学研究拠点

プログラム:

11月21日(土):13:00-18:00
11月22日(日):09:00-12:00

プログラムの詳細は後ほど配信する予定です.